居抜き賃貸オフィス特集|賃貸オフィス・賃貸事務所のオフィスター

5坪~1,500坪のオフィス取り扱い中 オフィスレイアウト無料!! 内装工事まで提案

お問い合わせ・見学・資料請求等はこちらからご連絡ください。tel:03-6432-4100 受付時間 平日9:00-18:00

メールでのお問い合わせ

居抜き物件特集

居抜き物件

居抜きオフィスは、時間と初期費用を抑えて事務所移転したい企業におすすめです。
居抜きオフィスとは、前の借主が事務所を退去した後に、使用していた内装造作や設備、什器等をそのままの状態で引き継ぎ入居できる賃貸オフィス物件です。うまく利用すればオフィス移転の初期費用が軽減できます。
居抜き賃貸物件のメリットは、入居工事費用が節約できるだけでなく、工事期間も短縮することができます。すぐに新しいオフィスに入居したいという企業にもおすすめです。
退去するテナントにもメリットがあり、原状回復費用が削減できます。居抜きで賃借する際、不要な残置物や、修繕が必要で費用が発生するケースもあります。あらかじめオフィスの内見時に確認しておきましょう。

居抜き賃貸オフィス物件とは

居抜き賃貸オフィス物件とは

居抜き賃貸オフィスとは、前テナントが設置した受付や会議室などの造作を、撤去せずに、そのままの状態で次テナントに引き継ぐことを言います。
この居抜き賃貸オフィスを利用することは、退去テナントや入居テナント、そして物件の貸主、管理会社にとって様々なメリットを生み出してくれます。
居抜き賃貸オフィスのメリットとはどのようなものがあるでしょうか。まず、退去テナントにとっては原状回復費用を大幅に削減することができます。
原状回復工事の費用は、坪当たり3万円から5万円程度が相場と言われています。そのまま退去、もしくはクリーニング程度で退去することができれば、退去費用を大幅に削減することができます。
次に、入居テナントにとっては、会議室の間仕切りなどを再利用することにより、入居工事の費用を削減することできます。造作の塗装を塗り直したり、シートを張り替えるだけで見違えるような内装になることも十分考えられます。
また、入居工事にかかる期間も短縮できますので、急いで移転したい企業にはメリットがあります。
居抜き賃貸オフィスの募集期間は、「貸主から居抜きの承諾を得た時点」から「原状回復工事の発注期限」までという期間が一般的です。この期間は貸主・管理会社としても「内装造作付きのオフィス」として世の中にアピールすることができます。 造作付きのオフィスは内覧件数が多くなるというのが一般的ですので、より早く、好条件で成約できる可能性があります。
このように、居抜き賃貸オフィスは、退去費用の削減、入居費用の削減、そして、空室リスクの削減や稼働率の向上に大いに役立っているオフィス流通システムなのです。

居抜き賃貸オフィスの特徴

居抜き賃貸オフィスの特徴

居抜き賃貸オフィスとは、事務所を退去する際に内装造作をそのままにして次のテナントに引き渡すことです。通常の賃貸物件であれば、退去の際に原状回復する義務があります。しかし、居抜き退去することができれば、原状回復義務を次テナントに承継することになるので、退去時の費用を削減することが可能です。入居テナント側も内装工事などに費用や時間を削減することができます。
居抜き賃貸オフィスは、退去する方にも入居する方にも利点があるところが特長です。
賃貸オフィス・賃貸事務所を扱うオフィスターでは、様々な居抜き賃貸オフィスを取り扱っています。中には貸主負担で新品の什器備品を設置して募集している物件もあります。オフィス面積も大きいものから小さいものまで、必要に応じて選べます。起業して数年間は移転サイクルも短いケースが多いので、居抜きオフィスを上手く利用していきましょう。
オフィスターでは、今すぐにでも使える物件をご紹介しています。居抜き募集物件のほとんどは、募集期間が決まっていますので、気になる物件があったらすぐに問合せしましょう。
オフィスの内装などにかかる初期費用を抑え、迅速にオフィスをスタートさせたいと思うなら、オフィスターの提供する居抜き賃貸オフィスがおすすめです。

居抜き賃貸オフィスの選び方

居抜き賃貸オフィスの選び方

会議室や受付の間仕切りなどの内装を、以前の入居者から引き継ぐことのできる物件が居抜き物件です。デザイン性の高い居抜き物件や、シンプルで使い勝手の良い居抜き物件は、他の賃貸物件に比べて人気が高くなることもしばしばあります。居抜き賃貸オフィスへの入居を検討されている場合は、物件の内覧時に、現在のレイアウトを参考に自社に当てはめて考えるようにしましょう。会議室の数や、執務スペースでの使用人数、ロッカーや倉庫スペースがどれだけあるかを確認します。居抜き賃貸オフィスの中には、デザインを重視するあまり、利便性が低い物件も稀にありますので、その点でも注意が必要です。また承継する造作について、扉の不具合などを確認するようにしましょう。基本的に、造作承継は2代目までがおすすめです。3代目となると故障や破損の可能性が高くなります。居抜き賃貸オフィスの場合、原則として原状回復義務も併せて承継することになります。入居時が居抜きだったからといって、退去時も居抜きで出られるわけではないので注意してください。
以上の注意点を踏まえた上で、おすすめなのが、オフィスターの居抜き物件です。オフィスターは、賃貸オフィス専門の紹介サイトです。通常の賃貸物件から居抜き物件まで多数取り扱っています。ベテランスタッフも多数在籍していますのでお気軽にご相談ください。