いま流行のレンタルオフィスとは!徹底分析

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

 

これから起業を考えている方にとって、オフィスをどうするかは大きな問題となります。

その中で、最近人気を集めているのがレンタルオフィスです。起業する際にレンタルオフィスを利用するとよいという考え方は比較的広まっていると言えます。しかし、レンタルオフィスとは具体的にどのようなオフィスなのか、サービスなのかご存知でしょうか。

今回はレンタルオフィスの定義、他のオフィス形態との違い、メリット・デメリットなどを解説していきたいと思います。

 

レンタルオフィスの定義

(1)専有できるプライベートルームがある

レンタルオフィスの定義で最初にあげられるのは、自分だけが使用できるプライベートルーム(個室)がある点です。契約することで他の人が使用できない専有できるスペースを確保できるという点がレンタルオフィスの大きな特徴です。自分専用のスペースですので、PCや書類等はすべて置いておくことができ、施錠できますのでセキュリティも安心です。

(2)専有できる広さ(面積)が様々ある

広さは、1名用のものから数十名用のものまで様々あり選択できます。

(3)会議室等、プライベートルーム以外は共有で使用できる

大きさにもよりますが、賃貸オフィスの場合、メインとなるプライベートルーム以外に会議室や来客用スペースを設けることが難しい場合も少なくありません。その点、レンタルオフィスなら会議室を利用できたり、共用スペースで来客対応ができたりと、料金内(あるいは有料)で様々な設備を利用することができます。ロッカーやシャワーブース、ブックコーナーや受付を備えたレンタルオフィスもあります。

(4)法人登記や住所を利用することが可能

ほとんどの場合、法人登記や住所の利用が可能です。つまりレンタルオフィスを借りることによってその場所に自分の会社を立上げたり、個人事業主の住所として利用ができるということになります。

※レンタルオフィスは個別の専用スペースを借りながら、必要に応じて会議室等の共用スペースを利用するというオフィス形態になります。

 

 メリット

(1)オフィス家具・内装が完備

椅子、机、応接室、会議室、情報・印刷機器などが最初から完備されているレンタルオフィス物件が多く、 利用開始後すぐに業務を行うことができ、設備投資の節約にもなります。

(2)初期費用が安い

賃貸オフィスだと初期費用(敷金・礼金・保証金など)として6~12ヶ月分の賃料を支払わなければならないところが多く、あらかじめ多額の資金を準備する必要があります。 しかし一般的なレンタルオフィスの場合は、賃料の1~2ヶ月程度が相場なので、初期費用を半分~4分の1以下に抑えることが可能です。

(3)住所ステータスが高い

ビジネス街や一等地に立地されていることが多く、初めから一流の立地で仕事を始められます。駅からも近く利便性も高いため、スタートアップを強力に支援してくれます。

(4)オプションサービスがある

会議室や応接室などの利用をはじめ、電話代行サービス、カフェサービスなど色々なオプションサービスを行っているところがあります。 そのため仕事の内容やニーズに応じて、これらのオプションを使うことができるので便利です。

(5)利用時間や利用期間の選択肢の豊富

数週間、数ヶ月間の短期利用はもちろん中長期におよぶ利用も可能です。

(6)様々なオフィスのサイズがある(事業の拡大に合わせて気軽に部屋のサイズが変えられる)

事業が軌道に乗り、業績が上がれば人員を増やすこともあります。通常のオフィスの場合、手狭になったからといって簡単にスペースを拡張したり、引っ越したりすることは難しくなります。レンタルオフィスには、一人分のスペースから2〜10数人用の個室が用意されていることがほとんど。住所変更することなく、その時の状況に合わせたスペースへ気軽に移ることができます。

(7)法人登記が可能

法人登記や住所の利用が可能な物件もあります。郵便物も受け取れますし、一等地のレンタルオフィスであれば名刺やホームページに一等地の住所を記載することができ、会社としての信用やステータスも上がります。

 

デメリット

(1)場合によってはコストがかさむ可能性がある

オプションのサービスが細分化されていて、課金制をとっている業社が多いです。そのため、料金システムを把握していないと、賃貸オフィスでの経営とさして変わらない出費となる場合があります。

(2)長期で利用すると割高になる

ビルのオーナーからテナントを借りて、そのテナントを区分けして利用者に貸し出すというケースが多く、その場合、レンタルオフィスの事業者はビルオーナーから借りた賃料以上の収益を上げないと利益が出せませんので、坪単価あたりの金額は自分で賃貸オフィスを借りた時より必然的に高くなります。その状態が続くと長い目で見たときには自分でオフィスを借りた方が安いということになってしま可能性もあります。

(3)レンタルオフィス事業者が廃業する場合もある

小さな業者がやっているレンタルオフィスだと、廃業してしまう可能性があります。その際は新しいオフィスを探したり、住所変更の登記をしたりなど余計な手間がかかってしまいます。

 

類似したオフィス形態

(1)一般的なレンタルオフィス

人数に合わせてプライベートなオフィス空間と机や椅子などの設備を専有できます。 会議室や受付、オフィス機器が共有の物件もあり、ワークスタイルや規模、予算に応じて様々な選択が可能です。

(2)サービスオフィス

サービス面においてクオリティの高いオフィスです。建物や備品、デザイン性など優れた印象があります。また、受付では専門スタッフが対応してくれることもあり、来客の多い業種の場合顧客に良い印象を与えられます。レンタルオフィスに比べて契約期間や金額が高くなりますが、一定のクオリティの環境で展開したいという方におすすめです。

(3)シェアオフィス(コワーキングオフィス)

同じ作業スペースをシェアしながら使えるオフィスです。個性的な形態が多く、利用者同士のつながりを作ることができます。レンタルオフィスと言葉は似ていますが、形態は異なります。

(4)バーチャルオフィス

オフィスに入居することなく、仕事に必要な住所や電話番号など基本情報を借りられるサービスです。登記も可能なので自宅以外に所在を持つことができます。一等地で法人登記したいという方におすすめです。オフィス設立に関わる初期費用を削減することが可能です

 

シェアオフィスとの違い

(1)オフィス空間

レンタルオフィスは、個別の扉と鍵で区切られたプライベートなオフィス空間があり、シェアオフィスのオフィス空間は、共有で使用するフリーアドレスのシートと考えていただければわかりやすいです。セキュリティを重視される方にはレンタルオフィスがおすすめです。また、シェアオフィスは利用者同士が交流を図りやすく、フリーランスの方や、本格的なスタートアップ前のご利用がおすすめです。

(2)コスト

レンタルオフィスは、プライベートなオフィス空間を占有するため、初期費用(入会金や保証金)、月額利用料はシェアオフィスよりは割高です。

(3)許認可

税理士・人材紹介業・宅建業などの業種においては、ほかの人が入れない自分専用のスペースを用意することが許認可取得のためのひとつの条件になっています。シェアオフィスの場合は、自分専用のスペースがありませんのでこれらの業種での開業はできません。

 

レンタルオフィスの選び方

(1)立地

駅から近い、移動に便利など、ビジネスの拠点となるオフィスにとって立地条件は重要です。また、利便性だけでなく、名刺やホームページに記載される住所によっては、クライアントに信用されやすかったり、反対に不安を与えたりする場合があるため、対外的イメージにこだわって立地を選ぶ方もいます。

(2)設備

会議室や休憩スペースなどのほか、最近ではシャワーブースやカフェ、郵便ポスト、イベントスペースが設置されたレンタルオフィスも増えています。高級感のある共用ラウンジや座り心地にこだわったチェアを揃えているところもあり、一流企業と比べても遜色ない快適なビジネス環境が整っています。しかし、外出が多く、机と椅子があればいいという方にとっては、コストのことを考えると必要最低限の設備のところが向いているかもしれません。

(3)サービス

最近のレンタルオフィスのサービスは、とても充実しています。常駐するコンシェルジュが来客対応をしてくれたり、不在時の郵便物を代わりに受け取ってくれるといったサービスもめずらしくありません。ほかにも、フリードリンクやルームクリーニングなどのサービスがあります。

どのようなサービスが必要で、有益かを考慮して選択してください。

(4)グレード

外観に高級感があるか、オフィス空間の広さは十分か、業務に必要な環境が整っているか、手厚いサービスが受けられるか…などを考慮して、最適なグレードのレンタルオフィスを選んでください。

(5)コストパフォーマンス

上記のポイントを総合的に鑑みて、最終的にはコストパフォーマンスの良し悪しで判断しましょう。本当に必要な設備・サービスが揃っているか、使わない機能がないか、費用に対して満足できるかなど、コストパフォーマンスの高さを考慮して、賢くレンタルオフィスを選んでください。

 

これから新規事業をお考えの起業家や個人事業主の方、また支店展開やサテライトオフィスをご検討中の法人にも、 幅広いく注目されているレンタルオフィス。

ビジネスの成功・失敗は、環境が左右するといっても過言ではありません。ご自身の事業に最適な、本当にいいと思えるレンタルオフィスをぜひ選んでいただければと思います。また、他のオフィス形態との違いも考慮して、どの形態が自分に合っているのかもご検討いただければと思います。

※オフィスをお探しの際には、ぜひお気軽に当社にご相談下さい。貴方にぴったりなオフィスをお探しいたします。またオフス探しに限らず、オフィスに関するお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。小さなことでも構いません。お待ちしておりま


賃貸オフィス検索サイト『officetar』

問合せ:0120-733-383

オフィスター検索

東京都心エリアを中心とした【賃貸オフィス】の検索サイトです。取扱い物件は46,000棟以上。情報は毎日更新しています。