オフィスビルリニューアル事例【淡路町MHアネックス】

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

オフィスビルリニューアルの事例をご紹介

最近は「おしゃれなオフィス」を求めるテナントが増えています。

テナントにとって、おしゃれなオフィスは人材採用に効果があると言われ、とても人気が高いのです。以前はリクルートに強いビルと言えば「高層ビル」「駅近」などがキーワードでした。しかし、最近は内装のカッコ良さやおしゃれさにこだわるテナントが増えています。

そのような中、テナント誘致のために「セットアップオフィス」や「リノベーションオフィス」といったサービスが増えています。

貸主にもメリットは多く、早期成約の可能性が高いことや、賃料収入が入らないダウンタイムの短縮、そして賃料単価アップまで見込めるということがあげられます。

今回ご紹介する淡路町MHビル(旧:中野ビル)はオーナーチェンジにともない、外壁や共用部、貸室内を大規模リニューアルした事例です。

リニューアルにより「おしゃれなオフィス」という印象になっています!

リニューアルしたエントランスと外観です。

白いタイルとレンガタイルを使用することで清潔感と温かみもある雰囲気になっています。

リニューアル前の外観はこんな感じでした。

主な改修工事は以下になります。

外壁工事

タイル張りでしたが、タイルは落下の可能性があるためアルミサッシパネルに変更。

エントランスの美装工事

来客者の第一印象が大きく変わり、ビルのイメージにも影響が大きいポイントです。

今回、5階の区画を募集するにあたり、貸室もリニューアルしました。

室内の照明

オフィスでは珍しい正方形の照明です。LEDのため非常に明るく、天窓のような照明です。

貸室トイレ

トイレも全て入れ替えられています。女性トイレは特に広く作られているので必見です。スペースを有効的に使うために折戸にしているのもポイントです。

セキュリティ

セキュリティシステムも新規で導入しました。

 

いかがでしょうか。部屋の中はテナント工事で改装することができますが、トイレやエレベーター、エントランスホールは工事することができません。ビルオーナーにて改装しておいて頂けると、テナントとしては大助かりですね。

 

 

投稿者プロフィール

Hayato Fukuda
Hayato Fukuda
1980年生まれ。
工学部建築学科卒
2002年に新卒でオフィス仲介会社に入社。
前職では東京、仙台で勤務していました。
出身:東京都東村山市
家族:妻と子供2人
趣味:キャンプ。
得意とするエリア:新宿区、渋谷区、中央区(銀座)、港区(新橋、虎ノ門、六本木)、千代田区(東京、霞ヶ関)

<<このページは会員専用ページです。会員登録の上、ログインしてください>>

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目

賃貸オフィス検索サイト『officetar』

問合せ:0120-733-383

オフィスター検索

東京都心エリアを中心とした【賃貸オフィス】の検索サイトです。取扱い物件は46,000棟以上。情報は毎日更新しています。