オフィス戦略としてのテレワーク【ワークスタイルEXPO】

在宅勤務テレワーク

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

先日、東京ビッグサイトで開催された「ワークスタイル変革EXPO」!大盛況でした!

ワークスタイルEXPO
今年のトレンドは、テレワーク(在宅勤務)のブースでした。

ビジネスチャットや勤怠管理システムなどが出展されていました。

テレワークが話題になっている背景としては、労働人口が減少していることがあげられるようです。

少子高齢化や、女性の出産・育児による離職、親の介護による離職などはテレビやニュースで話題になっていますよね。

さらに、国も「働き方改革」ということでテレワークを推進しているようです。

 

テレワークというと馴染みのない用語ですが、在宅勤務だけではなく、

スタバなどのカフェや、地方のサテライトオフィスなどで仕事をされる方もテレワークに含まれます。

また、最近ですと、リクルートさんがテレワーク(リモートワーク)を導入したということが話題になりましたよね。

 

今後、働き方の選択肢やオフィス戦略として、テレワークが広がってくると実感しました。

リクルートさんのように、オフィス戦略としてテレワークを導入する企業も増えてくると思います。

テレワークが生産性の向上につながっているというデータもあるようです。

 

新築オフィスビルでは、サードプレイスとしての利用を意識した、共用ラウンジなどの設置ケースが出て来ています。

まだ広がり始めたばかりなので、導入企業やビルオーナーも試行錯誤している模様です。

ちなみに、テレワークを導入すると助成金があるようです。

※サードプレイス:オフィスや自宅以外で業務ができる場所のこと。

 

「サードプレイス」があるオフィスビル

大手町パーク2F

大手町パーク2階のインペリアルラウンジ

大手町パーク2F

大手町パーク2階のネイチャーラウンジ

【お問合せ】

電話:0120(733)383

☆ ☆ ☆ オ フ ィ ス 物 件 サ イ ト ☆ ☆ ☆

賃貸オフィスの検索はオフィスターへ

【ブログ会員登録(無料)について】

会員登録(無料)をして頂くと、注目物件のパンフレットをダウンロードできます。

また、定期的にメールマガジンを配信させて頂きます。

オフィスターロゴ

投稿者プロフィール

Hayato Fukuda
Hayato Fukuda
1980年生まれ。
工学部建築学科卒
2002年に新卒でオフィス仲介会社に入社。
前職では東京、仙台で勤務していました。
出身:東京都東村山市
家族:妻と子供2人
趣味:キャンプ。
得意とするエリア:新宿区、渋谷区、中央区(銀座)、港区(新橋、虎ノ門、六本木)、千代田区(東京、霞ヶ関)

<<このページは会員専用ページです。会員登録の上、ログインしてください>>

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目

賃貸オフィス検索サイト『officetar』

問合せ:0120-733-383

オフィスター検索

東京都心エリアを中心とした【賃貸オフィス】の検索サイトです。取扱い物件は46,000棟以上。情報は毎日更新しています。