オフィスのトイレブースの数について

オフィス画像

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

よくあるオフィスの問題(トイレの数)

 

オフィスのトイレブースの数が少なくて困っているなんてことはないでしょうか。

いわゆるトイレ問題は、女性比率の高い企業様からよく相談されることがあります。

 

トイレの設置数は、「事務所衛生基準規則」という省令で定められています。

それによると、男性ブースは60人に1個以上、女性ブースは20人に1個以上とのこと。

ですが、実際はこれでは少ないと思います。

 

個人的な感覚ですが、オフィスビルで多いのは

30坪くらいのビルで男女1ブースずつ。

50坪くらいで男1、女性2ブース。

70坪から150坪くらいで男女2ブースずつ

200坪くらいで男女3ブースずつ

1000坪クラスのビルで8ブース、という感じだと思います。

 

女性比率が高い企業様ではトイレが足りない想定されますね。

コールセンターなどではトイレの数が足りないという話はよく聞きます。

最近の新築ビルでは男女のブースの比率を変更できるビルもあります。

また、ビルのリニューアル工事の際に増設するケースもあります。

女性の比率が高い企業様は、移転先選びの際にトイレの個数をチェック項目に

入れた方が良いかと思います。

【お問合せ】

電話:0120(733)383

☆ ☆ ☆ オ フ ィ ス 物 件 サ イ ト ☆ ☆ ☆

賃貸オフィスの検索はオフィスターへ

オフィスターロゴ

【ブログ会員登録(無料)について】

会員登録(無料)をして頂くと、注目物件のパンフレットをダウンロードできます。

また、定期的にメールマガジンを配信させて頂きます。

投稿者プロフィール

Hayato Fukuda
Hayato Fukuda
1980年生まれ。
工学部建築学科卒
2002年に新卒でオフィス仲介会社に入社。
前職では東京、仙台で勤務していました。
出身:東京都東村山市
家族:妻と子供2人
趣味:キャンプ。
得意とするエリア:新宿区、渋谷区、中央区(銀座)、港区(新橋、虎ノ門、六本木)、千代田区(東京、霞ヶ関)

賃貸オフィス検索サイト『officetar』

問合せ:0120-733-383

オフィスター検索

東京都心エリアを中心とした【賃貸オフィス】の検索サイトです。取扱い物件は46,000棟以上。情報は毎日更新しています。